PC

PCパーツ(部品)の相性問題とは実際のところ何か?

投稿日:2018年5月30日 更新日:

PCやPCのパーツ(部品)がうまく動かなかった時、「相性問題」という言葉をよく聞くと思います。

さて、この「相性問題」とは一体何でしょうか?

相性問題、と言われると、正常な部品同士でも部品の組み合わせによっては相性があり、うまく動かないことがある、と思ってしまうかも知れませんが、実際にはほとんどの場合部品の品質が悪いことが相性問題の原因です。

つまり相性問題が発生した場合、厳密には、そもそも正常な部品同士の組み合わせではない可能性が高い、ということです。

例えば、コスト削減のためにテスト段階を大幅に削減して世に出された製品、テストを通過できなかったがバルク品として激安で世に放たれた製品、そもそも設計が誤っている製品、製品の発売後に搭載しているチップにバグが見つかった製品等々、相性問題を生じさせる製品は、そもそも根源的に問題を抱えている場合がほとんどです。

従って、相性問題が発生したとしても、きちんと調べれば、「相性」などといったものが原因ではなく、特定の部品の特定のヶ所に問題がある、ということを突き止めることができますが、そんなことをするのは面倒くさ過ぎるので、相性問題と言って済ましている、というのが相性問題の正体です。

これは逆に考えると、相性問題を生じやすいパーツというのは、正常なパーツではないけれど、多くの組み合わせで正常に動作するパーツ、とも言えます。

メーカー各社には相性問題を生じさせない製品のリリースに努めて欲しいところですが、しかしこうした製品が存在することこそが自作PCの醍醐味ですね。

こういった製品が存在するお陰で、我々自作PCユーザーは思わぬ安値で製品を購入できたり、超激安でPCを1台組み上げたりすることができる訳ですし、このパーツはあのパーツと相性悪いから、こっちのやつを使おう、とか考えながら組み立てるのも楽しいですよね。

全てのメーカーがバッチリ設計して厳格なテストを通過した高価な製品だけを世に出すようになってしまったら、自作PCユーザーとしては、それはとてもつまらない世界です。

相性問題とは結局のところ、特定のパーツの不具合なので、相性問題として諦めなければ、自力で解決できる場合もあるかも知れません。解決までは至らなくても調べ上げることで、その原因までは突き止めることはできるでしょう。その面倒くさいことをするかしないかはユーザー次第ですが。

-PC
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

リモートデスクトップとリモートアシスタンスって何が違うの?

分かっているようで分かっていないリモートデスクトップとリモートアシスタンスの違いを魔が差して知りたくなってしまったので調べてメモ。 違いを知っていたところで自分の場合はリモートデスクトップしか使わない …

no image

Windowsでフォルダ同期するにはrobocopy

Windows10でフォルダを同期したい欲求に駆られ、フリーソフトを探そうと思ったのだけど、そもそも標準機能として付いてるんじゃない?と思って調べたらやっぱりあったのでメモ。 その解法は、コマンドライ …

WindowsMediaPlayerではflacの音源をCD-Rに書き込めなかった(焼けなかった)ので代替策を調べて書き込んだ話。

実際にflac形式の音楽ファイルをCD-Rに書き込もうと(焼こうと)するまで全く知らなかったのだけど、なんとWindowsMediaPlayer(ウィンドウズメディアプレイヤー)ではflac形式の音楽 …

エクセルやオープンオフィス(Calc)の文字が勝手に大きくなってしまったのを直す方法

PC系の操作は「勝手になってしまった!」と思っても結局は自分で操作をしている訳だけど、自分で操作した覚えがないので、何を操作したらそうなってしまうのかが分からないのが大問題。 今回は、ExcellやO …

エクセル(Excel)やオープンオフィス(OpenOffice Calc)で時間を足したり引いたり掛けたり割ったりして計算する方法

エクセル(Excel)やオープンオフィス(OpenOffice Calc)で時間同士を足したり引いたりしようとしたら、ただの足し算や引き算になって混乱したので、その時に調べたことを共有。 目次 結論か …