PC

Windows10でやたらとメモリを消費するRuntime Brokerというプロセスと解消法

投稿日:

特に何もしてないのに急にパソコンのファンがうなりをあげることが多いので、重い腰を上げて調べてみた。

うなりをあげたタイミングでタスクマネージャーを立ち上げてウォッチしてみると、総メモリの70%以上を占有しているRuntime Brokerというあからさまに怪しいプロセスを発見、CPU使用率もそこそこ高い。

で、こいつが何なのか調べてみる。

Windows10でフォトアプリ(Runtime Broker)のCPU異常使用率に対する対処方法!

上記のページを見ると、このプロセスはWindowsストアアプリのアクセス許可の管理を司っているプロセスである模様。

そして衝撃的な次の記述を発見。

マイクロソフト公式の見解として「Runtime Brokerが最大で1GB以上のRAMを使用す可能性があります。」とのこと。

いやいやいや(笑)おかしいでしょw

特にデフォルトでインストールされているWindowsフォトがトリガーを引いているケースが多いっぽい。

これはどうやら真実のようで、「Runtime Broker フォト」で検索すると沢山のそららしいページがヒットする。

原因がこれと確定した訳ではないけれど、限りなく怪しいので、解消すべく、他のページにもあたってみる。

次のページを発見。

Windows10でRuntime BrokerがCPUを消費していたのが解決しました

上記のページによると、解決に繋がるかも知れない解法は次の4つがあるとのことなので、

  1. ロック画面の背景を画像にする
  2. Windowsのヒント機能をオフにする
  3. レジストリを書き換えてRuntime Brokerを無効にする
  4. フォト(アプリ)のソースフォルダを削除

1、2、4を実践してみる。つまり3以外。やっぱりレジストリはなるべくいじりたくない。

具体的な方法は上記のページ参照で。

これで治ればいいけれど・・・。

治らなかったらまた追記します。

参考ページ

-PC
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

SMR(瓦書き)方式のHDDを実際に使用してみての感想と使いどころ

SMR(瓦書き)方式を採用しているHDD(ハードディスク)を実際に数ヶ月利用してみた(現在も継続して利用中)ので、その感想と使いどころについてメモしておきたいと思います。 今回使用したSMR方式のHD …

no image

Windowsでフォルダ同期するにはrobocopy

Windows10でフォルダを同期したい欲求に駆られ、フリーソフトを探そうと思ったのだけど、そもそも標準機能として付いてるんじゃない?と思って調べたらやっぱりあったのでメモ。 その解法は、コマンドライ …

エクセルやオープンオフィス(Calc)の文字が勝手に大きくなってしまったのを直す方法

PC系の操作は「勝手になってしまった!」と思っても結局は自分で操作をしている訳だけど、自分で操作した覚えがないので、何を操作したらそうなってしまうのかが分からないのが大問題。 今回は、ExcellやO …

no image

DVDやCDからISOイメージを作成する方法を調べてみた

昔はISOイメージを作成するソフトというのは山のようにあって、まあ、ISOイメージを作成する必要が生じたら、簡単にダウンロードして使うことができたのだけど、なんか最近の事情はそうではないらしく、ちょっ …

エクセル(Excel)やオープンオフィス(OpenOffice Calc)で時間を足したり引いたり掛けたり割ったりして計算する方法

エクセル(Excel)やオープンオフィス(OpenOffice Calc)で時間同士を足したり引いたりしようとしたら、ただの足し算や引き算になって混乱したので、その時に調べたことを共有。 目次 結論か …