PC

Windows10でやたらとメモリを消費するRuntime Brokerというプロセスと解消法

投稿日:

特に何もしてないのに急にパソコンのファンがうなりをあげることが多いので、重い腰を上げて調べてみた。

うなりをあげたタイミングでタスクマネージャーを立ち上げてウォッチしてみると、総メモリの70%以上を占有しているRuntime Brokerというあからさまに怪しいプロセスを発見、CPU使用率もそこそこ高い。

で、こいつが何なのか調べてみる。

Windows10でフォトアプリ(Runtime Broker)のCPU異常使用率に対する対処方法!

上記のページを見ると、このプロセスはWindowsストアアプリのアクセス許可の管理を司っているプロセスである模様。

そして衝撃的な次の記述を発見。

マイクロソフト公式の見解として「Runtime Brokerが最大で1GB以上のRAMを使用す可能性があります。」とのこと。

いやいやいや(笑)おかしいでしょw

特にデフォルトでインストールされているWindowsフォトがトリガーを引いているケースが多いっぽい。

これはどうやら真実のようで、「Runtime Broker フォト」で検索すると沢山のそららしいページがヒットする。

原因がこれと確定した訳ではないけれど、限りなく怪しいので、解消すべく、他のページにもあたってみる。

次のページを発見。

Windows10でRuntime BrokerがCPUを消費していたのが解決しました

上記のページによると、解決に繋がるかも知れない解法は次の4つがあるとのことなので、

  1. ロック画面の背景を画像にする
  2. Windowsのヒント機能をオフにする
  3. レジストリを書き換えてRuntime Brokerを無効にする
  4. フォト(アプリ)のソースフォルダを削除

1、2、4を実践してみる。つまり3以外。やっぱりレジストリはなるべくいじりたくない。

具体的な方法は上記のページ参照で。

これで治ればいいけれど・・・。

治らなかったらまた追記します。

参考ページ

-PC
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

Windows10がスリープから勝手に復帰する問題の解決

自分の利用環境ではWindows7の頃はちゃんとスリープとスリープからの復帰処理が行われていましたが、Windows10にして以来、勝手にスリープから復帰するようになりました。 最近はSSDの高速化や …

no image

Ewinのミニキーボードの製品ごとの違い(差異)、何が違うのか?

PCをテレビに接続して寝ながら使うのに手頃なキーボードとマウスが欲しいと思っていたら、キーボードとマウス(というかタッチパッド)が合体した次のような製品群を発見してとても興味をそそられたが、バリエーシ …

no image

MS IMEを無効にしてATOKやGoogle IME(Google日本語入力)から勝手に切り替わらないようにする方法

ATOKやGoogle-IMEを使っている時に勝手にMS-IMEに切り替わってしまうと不便、というかとてもイラッとしますよね、というかします。 そもそもIMEを切り替えて使う用途なんてほとんどないのだ …

no image

DVDやCDからISOイメージを作成する方法を調べてみた

昔はISOイメージを作成するソフトというのは山のようにあって、まあ、ISOイメージを作成する必要が生じたら、簡単にダウンロードして使うことができたのだけど、なんか最近の事情はそうではないらしく、ちょっ …

no image

Windows10で範囲を指定してスクリーンショット(キャプチャー)をとる方法

Windows10の新機能で選択範囲のスクリーンショットをとれる便利な機能が追加されたなー、と思ったけれど、いざ使おうとしたらすっかり使い方を忘れていたので、改めて調べてメモ。 Win + Shift …