PC

Windowsでフォルダ同期するにはrobocopy

投稿日:

Windows10でフォルダを同期したい欲求に駆られ、フリーソフトを探そうと思ったのだけど、そもそも標準機能として付いてるんじゃない?と思って調べたらやっぱりあったのでメモ。

その解法は、コマンドラインでrobocopyを使う。

Windows10以外のWindowsでもたぶんできる(Vista以降で標準搭載っぽいです、それ以外でも別途インストールすればできそう。)

やりたいこと

フォルダAの内容をフォルダBに同期したい。但しAからBへの一方通行で、逆の同期はさせない。

robocopy

robocopyコマンドを使うことで簡単に実現できた!わーい。

robocopyって綴りをみるとロボット的な何かかな?と思ったのだけど、全然関係なくてrobust(堅牢な)copyっていうことらしい。じゃあrobucopyじゃないのか?って思ったのだけどよく分かりません。

robocopyの基本的な使い方

今回の目的を達成するためのコマンドは次のコマンドだった。

robocopy /mir “C:\\source\path” “C:\\destination\path”

もちろん同じドライブ同士である必要はなく、片方が別のドライブでも片方がネットワークドライブであっても同期できる。

ネットワークドライブを同期対象にする場合は、予めネットワークドライブに接続しておく必要はなく、次のようにマシン名を指定すれば直接接続して同期してくれる。(Windowsが接続先のパスワードを覚えていない場合はユーザー名とパスワードの設定が必要)。

robocopy /mir “C:\\src\path” “\\com_name\\dest\path”

mirオプションとは?

上記のコマンドで指定しているmirオプションは、ミラーリングオプション。このオプションを指定することでコピー元がコピー先に同期される。

今回の目的を達成するためには、このオプションを利用するだけで、充分だった。まさに目的そのもものコマンドとオプション。

mirオプションを指定した時の動作は、コピー元にないファイルはコピー先にコピーされ、あるファイルはなにもしない。更新されているファイルは上書きする。コピー先が変更されてもコピー元には影響を及ぼさない。

他にもログを出力したり再試行の回数を指定できたりと色々なオプションが用意されていたが、この記事では割愛。オプションは次のコマンドで確認することができる。

robocopy /?

参考ページ

-PC
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

no image

MS IMEを無効にしてATOKやGoogle IME(Google日本語入力)から勝手に切り替わらないようにする方法

ATOKやGoogle-IMEを使っている時に勝手にMS-IMEに切り替わってしまうと不便、というかとてもイラッとしますよね、というかします。 そもそもIMEを切り替えて使う用途なんてほとんどないのだ …

no image

SMR(瓦書き)方式のHDDを実際に使用してみての感想と使いどころ

SMR(瓦書き)方式を採用しているHDD(ハードディスク)を実際に数ヶ月利用してみた(現在も継続して利用中)ので、その感想と使いどころについてメモしておきたいと思います。 今回使用したSMR方式のHD …

no image

DVDやCDからISOイメージを作成する方法を調べてみた

昔はISOイメージを作成するソフトというのは山のようにあって、まあ、ISOイメージを作成する必要が生じたら、簡単にダウンロードして使うことができたのだけど、なんか最近の事情はそうではないらしく、ちょっ …

エクセル(Excel)やオープンオフィス(OpenOffice Calc)で時間を足したり引いたり掛けたり割ったりして計算する方法

エクセル(Excel)やオープンオフィス(OpenOffice Calc)で時間同士を足したり引いたりしようとしたら、ただの足し算や引き算になって混乱したので、その時に調べたことを共有。 目次 結論か …

no image

Windowsでマウスやキーボードからスリープから復帰する方法

電源ボタンで用は足りるのだけど、電源ボタン押しすぎて電源ボタン壊れたらやだなー、と思ってマウスやキーボードからスリープ復帰できる方法を模索。 というかたぶん何にも設定いじってなければWindowsのデ …